▶︎▶︎▶︎初めての方へ ◆ブログ&自己紹介◆
ウェブ

[SEO]タイトルで引き込むブログ初心者が抑えるべき10のポイント

SEOのためのタイトルなんてない

冒頭でいきなりタイトルを否定していますが、
SEOためのタイトル付けなんて本来存在していません。

グーグルの原理原則は、人が探している最適なものを上位に表示させる、ということです。

つまり、「検索した人が知りたいと思っていたコンテンツを上位に表示しよう」と
全世界の中でも選りすぐりの天才秀才たちが集まって作っています。

グーグルという検索エンジンに目を向けた対策というのはなく、
人が見て、これが見たかった思われるタイトル、クリックしたいと思うタイトルが選ばれる
ということが原則だとまずは理解しておきましょう。

スマホやPCの画面という制約

グーグルが脳に直接検索結果を送り込める様になったら、
これから書くようなSEOと言われる制約条件はなくなるのですが、
スマホやPCといったデバイスでウェブを見る状況はまだまだ続きそうです。

物理的な画面のサイズがある中で、そこに表示できる文字数には限界があり、
画面上、強いられる制約条件から導き出される「人がクリックしやすいタイトル」を書いてくことになります。

原理原則に従っていくことが大切で、その特性は知っておいて書くのがよりよいということです。

答えばいつもグーグルの検索結果画面

どういうタイトルが評価されるのか、について、
最大の答えはグーグル検索の結果画面です。

だから、1ページ目の1位はどういうタイトルなのか、
2位、3位は、検索結果画面で高く評価されれいるものを研究して、
「それよりも良いものを作る」ということがライティングの原則です。

初心者が抑えるべきブログ、タイトル10のポイント

10個のポイントを書き出しました。

稼ぐためのブログではなく、日記を書いていきたいということであれば気にする必要はないです。
あくまで、ビジネスとしてブログを捉える人で、ウェブについては初心者という方向けの10個のポイントです。

1. キーワードを意識しよう[超々基本]

文章を書くときに、狙うキーワード決めて書いていますか?

少し記事を書いた人であれば、もちろん聞いたことはあると思いますが、
「聞いたことはあるけど、やってない」という状態にはなってないでしょうか。

これは絶対必須項目です。思いつくままに書くと検索されない記事が出来上がります。
そうするといつまで経っても見られない記事が溜まっていきます。

記事を書くときには、どういう検索キーワードを狙うのか、
を意識してタイトルを決める必要があります。

2. キーワードの数は3個[必須]

キーワード数は、2〜3個にしてください。

特に、ブログを始めたばかりの方の場合、サイトが全然評価されていないため、
ライバルのより少ない3個の掛け合わせキーワードの方が望ましいです。

4個もありますが、タイトルを入れられる文字数の限度もあるので、3語に着地という感じになります。
例えば、この記事であれば、「SEO」「タイトル」「ブログ」という3キーワードを意識しています。

3. タイトルの文字数は33文字までに[ベター]

タイトルの文字数は33文字までにするのがベターです。

理由は、画面の制約です。
画面といっても、今はほとんどスマホ経由のトラフィックですから、まずはスマホを意識すべきです。

タイトルを表示す領域は2段目までしかなく、スマホだと43文字まで出ます。
パソコンだと、タイトルは基本1段目までで、33文字です。

ということで、スマホの方がタイトルが長く表示されるので、43文字までいってしまってもいいのですが、
PCも考慮すると33文字に押さえておく方が無難です。

4. キーワードを前半に入れろ[必須]

タイトルの33文字の中で、キーワードは前の方に入れましょう。
人が文字を読む順番と同じようにグーグルも読みます。

「【初心者向け】10のポイント解説!タイトルで引き込むブログSEO対策」 よりも、

「[SEO]タイトルで引き込むブログ初心者が抑えるべき10のポイント」

といったかたちで、狙っているキーワードを前半に入れ込むことを意識してください。

5. !や?は読み手のためになるなら利用OK[ベター]

!や?の意味をグーグルが判別していない、ただの記号として判定するだけだ、という説があります。

私はグーグルは当然その意味は理解しているけど、その意味合いを加味して検索順位の採点はしないということだと考えています。
例えば、SEO!と書いていようとSEOと書いていようと、機械的には同じということです。もし!が強調していると意図を組み込むようなことをしたら、みんな「!」をつけますしね。

蛇足で、SEOではなく広告的な視点になりますが、グーグルアドワーズという検索広告を出稿するときに「!」「?」はタイトルでの利用が禁止になっています。

もし、そういった記号を使うときには、「あなたが強調したいから」という理由ではなく、
「その記号があった方が人が読みやすいから」という視点で使ってください。

33文字しか書けない領域であなたのテンションを表現しても評価されず、読み手からしても不要であれば利用しないのが良いです。

6. 数字を入れましょう [文書テク]

ここからはより人にクリックをしてもらうためのテクニックになります。
まずは、タイトルに数字を入れることを意識してください。

9つのポイントを抑えよう
20%アップした施策
5回の転職経験者が語る

といったかたちです。

数字を使う最大の理由は「説得力」です。具体的な数字は読む人を説得する力があります。

数字はできるだけ詳細の方が信頼度が高くて良いです。

a. 流入数2割アップした私のSEO施策をこっそり教えます。
b. 流入数20%アップのSEO施策をこっそり教えます。
c. 流入数20.5%アップのSEO施策をこっそり教えます。

上記であれば、cが良いです。
表示する桁数は、人間の目で見て一般的な基準・限度を意識をしてください。

7. プラス方向:期待を膨らませろ [文書テク]

タイトルに、利便性、新規性、高品質 を入れ、期待によって興味を持たせる方法です。

・利便性
すぐに実践できる
今日から効果が出る
これ1つで完了

・新規性
本日公開
日本初
今から受付開始

・高品質
業界最大手企業で採用されている
〜賞を受賞
職人が手がけた

上記のようにタイトルに入れ込みます。
追加のテクニックとして、タイトルで期待を持たせた上で、文章に入るリードで「驚き」も提供すると、より読者が引き込まれます。

8. マイナス方向;煽り焦らせる [文書テク]

タイトルで煽り・焦り・緊張感を生み出して、興味を持たせる方法です。

・煽り
まだやってないの?
やらないと死にます。
知らないなんてありえない。

・焦り
やらないと腐る
他はやっている
明日には売り切れるかも

・緊張感
緊急速報
注意!
知らないなんて危険

「いつやるの?今でしょ!」も煽りですね。

9. 時間軸 [文書テク]

2018年保存版
今はこういう時代だから
11月の結果

先日投稿した、ママブロガー飽和時代〜というタイトルもこれですね。

10. お得感 [文書テク]

タイトルでお得感を割引や限定の表現によって興味を持たせる方法です。

・割引
明日まで30%OFF
セットで3割引

・限定
このメールを読んだ人限定
イベント参加した人限定

初心者こそ、セールスライティングを身につけよう

セールスライティングを身につけることで、
より多くの閲覧数を得たり、販売に直接つながります。

最初からわかっていれば、遠回りせずに済みます。

これから勉強をしたいという人にオススメのバイブル的な本を1冊紹介します。

私の作業スペースと、実際に使っている様子の写真です。

この記事ではタイトルについて紹介しましたが、この本は本文中でのテクニックも多く掲載されており、具体例満載でかなり使えます。

私もタイトルづけのアイディアに詰まったときや文章構成がしっくりこないときにパラパラとめくって、すごく参考にしています。

辞書的な使い方になるので、書籍を買ってブログのライティングをするときに横に置いておくと便利でオススメです。

created by Rinker
¥3,461
(2019/06/16 06:15:16時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ブログ初心者がタイトルをつける時の心構えと抑えるべきポイントを10個まとめて紹介しました。

タイトル一つで、あなたのサイトが検索上位化するかどうか、また、クリックしてもらえるかどうかが変わります。

また、知っていることと、実践していることは違います。ノウハウコレクターにならず、まずは次の記事を書くときに、ポイントを押さえてライティングしてみてください。

Twitterはオールジャンルで発信中!こちらもフォローください!!
▶︎▶︎ Twitter ID: @begussan

Instagramでグルメ情報発信中!フォローください!
▶︎▶︎ Instagram ID: be_gussan